Overblog
Suivre ce blog Administration + Créer mon blog

歌っている鳥がオランダの旗を形成する アミラ ウィルハーフンのような現象に直面するとなんらかの説明を探さないではいられない。神経科学的考察したり、幼い子供ためのコンピュータレイアウトの学習技術に答えを求める人もある。環境の影響とか両親がミュージシャンだという事実に言及する人もある。しかしこれらの条件はすべて決定的ではない。かりにそれが十分条件であるとしたら、世界中に何千万の神童が存在するだろうし、ユニークなものが多数存在することはないことをわれわれは知っている。 彼女の見事な優勝についてコンクールの審査員長がなした説明は、彼女が成熟した精神、つまりすでに知識に裏打ちされて社会に有益なように還元する精神を体現していること、つまり人間性である。この考えは機械論的または物質論的な理論を退け、心霊の段階に入るメリットがある。「成熟した魂」というとしばしば社会の中でいごこちの悪さをかこつ変人との評判を得る懸念があるが、それとは真逆のすくすくと育った少女にみえ、思いやりのある両親と情愛の深い兄弟に囲まれて至極まっとうで調和のとれた家庭生活を送っているアミラに関してはまったく当てはまらない。また、彼女がマリア・カラスの生まれ変わりという仮説についてカラスと異なるのは、この幸福なまともさなのだ。というのはカラスがはるかに複雑な家庭生活に苦しんできたからである。 風神雷神...

Lire la suite
Tag(s) : #Article de presse